睡眠の効果と重要性

人はなぜ眠るのか」、『睡眠がなぜ必要なのか』は完全には解き明かされていませんが、その多くは脳や体を休ませ、生命を維持することに必要不可欠だと考えられており、また、人の成長や寿命にも睡眠は多くの関わりがあることがわかっています。

今、日本人の睡眠が危ない

我々日本人の睡眠時間は、年々減少傾向にあります。日本人は世界的にも勤労で知られており、忙しい毎日を過ごす中で、削りやすいのは睡眠時間というわけです。しかし、我々は睡眠の重要性を軽視しすぎているのではないでしょうか。

しばしば引き起こされる高速道路での交通事故のような重大事故には、慢性的な睡眠不足から発症した睡眠障害が関わって引き起こされたものも少なくありません。

また、睡眠不足によるストレスの増加は、うつ病などの精神疾患を発症するリスクも増やすと言われています。年々増加する自殺者の数も、睡眠時間が年々減っていることと関係があるようにも感じられます。

改めて睡眠の効果について考え、その重要性を再認識してみたいと思います。

睡眠の効果

・脳と体の疲れを取る
肉体労働などで体を酷使していないデスクワークの人でも、人の脳は常に活発に活動していて、沢山のエネルギーを消耗しており、その疲れを取るために睡眠が必要です。脳の疲れを取るには、体のそれよりも数倍の睡眠が必要だとも言われている程です。

・ストレスの解消
ストレスを感じる状態は、脳がつかれている状態であるとも言えます。「嫌なことも寝たら忘れた」と言う人がいるように、睡眠を取ることで、疲れた脳を休ませることができるため、睡眠は非常に効果的なストレス解消法です。睡眠が慢性的に不足すると、ストレスが徐々にたまり、うつ病をはじめとする精神疾病や、不眠症などの睡眠障害を発症することにもつながります。

・体の成長や老化の防止
睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。成長ホルモンは、入眠後に現れるノンレム睡眠時に特に多く分泌されます。成長期など、体が大きくなる時期には睡眠をよく取り、成長ホルモンを沢山分泌させることが成長の秘訣です。

また、成長ホルモンには、大人にとっても重要で、古くなった肌や怪我、その他体組織の修復・再生、脂肪を燃焼させる働きなどがあるため、質の良い睡眠を取ることで、若さを維持する事、老化の防止にも役立ちます。

参考:睡眠と成長ホルモン

・病気の予防
睡眠時に骨髄では白血球、赤血球、リンパ液などが生産され、血行が促進され、体が持つ病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。睡眠中に分泌される成長ホルモンには、体組織の修復・再生、代謝を行う働きがあり、古くなったり傷ついた細胞などを直してくれます。また、眠ることで全身に血液を送るポンプであり、常に動き続けている心臓の負担を下げ、心臓を休ませることもできます。

よく眠ることで、新しい血液を作り、代謝を促す成長ホルモンが分泌され、心臓も休ませることが出来るため、様々な病気の予防になります。

・記憶の定着・学習効果の効率化
人の脳は睡眠中に、その日に起こった事や、学習したことを整理し、記憶として留めておく必要がある情報を定着させていると考えられています。睡眠時に多く出るシータ波には記憶・学習機能が向上する効果があると考えられています。

一般的にノンレム睡眠(深い睡眠)は睡眠直後から発生し、この時成長ホルモンが分泌されます。レム睡眠(浅い睡眠)は、就寝後、3時間ほど後から周期的に現れるので、記憶を定着させたり、試験やテストの時に学習効果を出すには、少なくとも3時間以上の睡眠が必要だと考えられます。

よく、試験日前に一夜漬けをして、一睡もせず試験に臨む、というような話を聞きますが、これでは記憶が整理されていないばかりか、睡眠慣性が働いてしまい、ボーっとして本来の学習効果が十分に発揮できない可能性があります。

効果的に睡眠をとるには

忙しい現代人は、子供から大人まで睡眠をとれる時間も限られており、本来必要な睡眠時間を確保できていないケースが多くなりつつあります。

限られた時間の中で効果的に睡眠をとるためには、睡眠の仕組みを理解し、短時間でも質の高い睡眠時間を確保出来るよう睡眠の質を高める必要があります。

睡眠不足の悩み

『たくさん寝たのに、仕事中眠くて耐えられない。』
『昼過ぎになるとボーっとして頭が回らない。』
『一体あと何時間眠れば満足できるのか?』

こうした睡眠時間に悩みを持っている人には、『何時間眠ったら良いのか』ということばかりを気にするのではなく、同時に『睡眠の質』の改善もお試し頂くことを強くお勧めしたいと思います。

『睡眠の質』を改善するには
睡眠の質とは、「睡眠の深さ」と言い換えることも出来ます。 睡眠の質が悪い人は、睡眠が浅くなりがちです。中でも、夜の寝付きが悪く、朝が苦手で起きれない人は起立性調節障害という自律神経系のバランスが崩れる病気に罹っている可能性もあります。

睡眠の質を悪化させるのはストレス
睡眠の質が悪化してしまう原因の一つが会社や学校、家庭の中で生じる様々なストレスです。ストレスは睡眠の質を悪化させるだけでなく、活性酸素を発生させて肌のシワやシミを増やす、つまり老化の原因ともなります。

睡眠の質そのものを改善するには、睡眠の質を悪化させる原因となるストレスを解消することが重要ですが、私達現代人は、今の生活習慣そのものを大きく変えることが難しく、ストレスの原因そのもの(会社、仕事、学校、受験、家庭、上司、夫婦関係、など)を消し去ることは困難です。

となると、ストレスそのものを消し去ることを目指すのではなく、ストレスにより強くなる、ストレスへの抵抗力を向上させることが、ストレスによる睡眠の質の悪化を防ぐ近道ではないでしょうか。 ストレスへの抵抗力を高めるのにお勧めなのが、グッドナイト27000という植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントです。

グッドナイト27000は、植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントなため、まず安心して口にすることが出来ます。
配合成分もセロトニンの合成に必要なトリプトファンとビタミンB6以外にも、抗ストレス作用のあるGABAやラフマ葉エキス、さらに『ラクティウム』という抗ストレス作用に優れた特許成分と、夜間の良質な睡眠をサポートする『テアニン』という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には、特に効果が期待できるサプリメントです。
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

※購入は定期購入が断然お得です。

★次のページでは『睡眠不足の影響と症状』をご紹介します。

photo credit: Loving my little duck! (license)



authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!