「人体の仕組み」の記事一覧

ハグのストレス軽減効果

オキシトシン ストレス

ハグ(hug)とは、いわゆる抱擁のことです。欧米では人との挨拶の一貫で互いにハグをする習慣がありますが、日本人は握手程度。ハグはスキンシップの一種で、相手との親密さを図るバロメータであると同時に、実はストレスを軽減する効・・・

オキシトシンは人類を救うかも

オキシトシン 雑記

オキシトシンは、人間関係を形成するホルモンです。同時に、オキシトシンは、人間関係の連続体である、『コミュニティ』を形成するホルモンであるともいえます。そんなオキシトシンがひょっとしたら人類を救うかも、というお話です。 コ・・・

腸内フローラの改善に有効な短鎖脂肪酸

腸内環境

短鎖脂肪酸とは、人の腸内に生息する腸内細菌が代謝する物質の一種です。酢酸(さくさん)、プロピオン酸、酪酸(らくさん)の3種が代表的な人の腸内にいる腸内細菌によって作られる短鎖脂肪酸で、体の様々な部位に影響を与える物質とし・・・

乳酸菌生産物質とは

腸内環境

乳酸菌生産物質とは、乳酸菌やビフィズス菌などいわゆる善玉菌から代謝される、人体に有益な働きをする様々な有効物質の総称です。人の『腸内環境』は、心や体の健康と密接な関わりを持っており、乳酸菌生産物質は腸内フローラの改善と心・・・

オキシトシンが不足すると

オキシトシン

人と人との信頼関係を形成する、愛情ホルモンオキシトシンですが、不足すると他人とのコミュニケーションに様々な弊害が起こります。また、現代の日本社会は、オキシトシンが不足しやすい状況になりつつあるとも言えます。 オキシトシン・・・

オキシトシンと睡眠について

オキシトシン

オキシトシンがしっかりと分泌されているとき、脳はストレスに鈍感になり、交感神経系が過度に興奮することを防ぎます。同時に、副交感神経系が働きやすくなり、心身ともにリラックスした状態を作りやすくなり、ベッドに入れば気持ちのよ・・・

オキシトシンのサプリメント

オキシトシン

脳内のオキシトシンの分泌を増やすと、対人コミュニーケーション能力が高まることがわかり、自閉症スペクトラムの症状を改善するという研究結果が出て以来、コミュ障を改善する効果がオキシトシンに期待されるようになりました。オキシト・・・

ページの先頭へ