「神経伝達物質」の記事一覧

緊張やあがり症とセロトニンの関係

セロトニン

セロトニンには緊張やあがり症などの症状を抑える作用があります。人前での発表や面接の前などに緊張してしまい、イライラしたり強い不安を感じるのは、直接的には『ノルアドレナリン』の分泌が増えるためですが、セロトニンが不足してい・・・

セロトニンと頭痛の関係

セロトニン 頭痛

頭痛が起こる原因の一つとして、体内のセロトニンの働きが関係している可能性があります。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質で、自律神経系との関係が深い物質です。また、痛みを抑制する働き、血管の収縮作用など、頭痛の発生に関係が・・・

女性はセロトニンが不足しやすい

セロトニン

脳内で働く神経伝達物質であるセロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンと共に重要な神経伝達物質です。セロトニンは精神の安定を保つ働きを担っています。脳内でセロトニンを合成する能力には、男女差があり、女性は男性よりも脳内の・・・

セロトニンによる痛みの抑制と増幅

セロトニン

脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、「痛み」を抑制して和らげる作用を持ちます。ところが、何らかの原因でセロトニンが不足すると、痛みを抑制する働きが低下して、痛みを感じやすく、痛みに弱くなってしまいます。原因不明の体の痛・・・

セロトニンと腸内環境

セロトニン 腸内環境

不安やイライラを抑える神経伝達物質として脳内で働くセロトニンと、人の腸のコンディションには密接な関係があります。腸内環境が良いと、脳内でセロトニンを合成しやすく、逆に腸内環境が悪いと、脳内のセロトニンが不足しやすいのです・・・

水泳でセロトニンを増やす

セロトニン

水泳はセロトニンを増やすことが出来る運動のひとつです。脳内にあるセロトニン神経は歩行や呼吸、咀嚼(物を噛むこと)と言った一定のリズムを刻む、いわゆるリズム運動で活性化され、セロトニン神経が活性化されるとセロトニンの合成も・・・

ページの先頭へ