セロトニンと不眠

脳内で神経伝達物質として働くセロトニンは睡眠と深い関わりがあります。セロトニンは睡眠ホルモン『メラトニン』の材料となり、セロトニンが不足すると、メラトニンが分泌されにくくなるため、寝付きが悪い、眠りが浅いなど不眠症状が現 … 続きを読む

セロトニンと疲労の関係

疲労とは、生命を維持する上で重要な脳からの信号であり、痛みや発熱と並んで『三大生体アラーム』と呼ばれます。疲労は過労(オーバーワーク)や人間関係のストレスと深く関わりがあり、ストレスから来る疲労とうまく付き合っていくには … 続きを読む