グルタミン酸

グルタミン酸(Glu,E)は、アミノ酸の一種で、小麦グルテンの分解物質から発見されて命名されました。 英語ではグルタメートとも呼ばれます。 アミノ酸として広く食品に含まれているほか、体内では神経伝達物質としても作用してお … 続きを読む

ヒスタミン

ヒスタミンとは食物からは必須アミノ酸であるヒスチジンから合成される化学物質で、中枢神経系では神経伝達物質としてもの作用もあります。ヒスタミンを産生する細菌が存在しており、発酵食品などで増殖して食中毒の原因となります。また … 続きを読む

神経伝達物質

神経伝達物質とはニューロン間のシナプスや神経で情報の伝達を行う物質です。神経伝達物質はホルモンとの違いが分かりにくい物質です。神経伝達物質もホルモンも「細胞間伝達物質」であり、似たような役割があるものの神経伝達物質はホル … 続きを読む

ドーパミンとは

ドーパミンは快感、やる気、学習能力、運動機能や記憶力といった働きを司る「報酬系」と言われる神経伝達物質です。ドーパミンは、ストレスホルモンとして知られる、「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」の前駆体でもあります。ドーパ … 続きを読む