スッキリ目覚めやすいのは、眠りの浅いレム睡眠の時であると言われています。このページでは、睡眠サイクルからレム睡眠の発生する時間を予測して、最適な睡眠時間を計算するアプリをご利用頂けます。

睡眠サイクルの計算アプリの使い方

(1)『睡眠周期』を選択
 ※平均的な睡眠周期は90分と言われています。

(2)『入眠までにかかる時間』を選択
 ※ベッドに入って眠りに就くまでのおよその時間

(3)『起床予定時刻』を選択

(4)『計算』をクリック

下の画面に起床予定時刻をレム睡眠で迎えるための[1.最適な就寝時間の候補]が5つ表示されます。
(いつ眠れば良いか知りたい人向け)
また、その下には現在の時刻から、この後すぐ眠った場合に[2.最適な起床時間の候補]が5つ表示されます。
(この後すぐ眠る人向け)

睡眠サイクルの計算アプリ


※睡眠周期は個人差があります。統計上の平均値は約90分です。

※30分以上かかる場合は入眠障害の可能性もあります。


※通常の睡眠時間

※若干睡眠不足気味です

※短眠者以外はNG

※必要最低限の睡眠時間です

※仮眠用


朝スッキリ目覚めるために大事なこと

朝スッキリ目覚めるのに大事なこと。それはズバリ、「自分の睡眠周期を知ること」です。睡眠周期は約90分とよく言われますが、これは色々な人の睡眠周期を調べて平均値を取るとおよそ90分になっただけです。

恐らく、あなたの睡眠周期は90分ちょうどでは無いかもしれません。自分の睡眠周期がわからないと、朝のスッキリした目覚めに欠かせない、レム睡眠が発生する時間はわからないのです。このサイトでは、自分の睡眠周期を探るためにコツを色々ご紹介しています。

質の良い眠りをとるために

睡眠時間をしっかりとっても睡眠の質が悪いと、睡眠不足を感じたり、睡眠満足度が低くなることがあります。実際働き盛りの日本人の5人に1人は睡眠の質に問題を感じているという調査データがあります。

睡眠の質を向上させたい人は『快眠のための10のコツ』を参考にしてみてください。また、日中の眠気対策には、20分間の『昼寝』が有効な場合もあります。

忙しい毎日の中で睡眠時間がどうしても足りない人は、睡眠効率を最大化するために『睡眠サプリ』を試してみると良いかもしれません。

もしも、長期間に渡って睡眠に問題を感じていたり、気分の落ち込みを感じる場合は、不眠症うつ病を患っている可能性もありますので、出来るだけ早めに心療内科などを受診してください。

photo credit: Maths (license)