スッキリ起きられず、頭がぼーっとするのは『睡眠慣性』のせいかも

睡眠慣性(または睡眠惰性とも。)とは、眠りから目覚めたあとも睡眠が続いているような状態にあることを指し、却って眠気が強くなる、頭がボーっとする、集中力が無い、反応速度や注意力が鈍い、身体が重たい、と言った症状が生じます。

睡眠慣性が働く原因と特徴

睡眠慣性が働きやすいのは『長時間眠った後』で、特に『徐波睡眠(ノンレム睡眠)という深い眠りの時に起きようとすると発生』しやすくなります。

しかし、昼寝のような短い睡眠時間であっても睡眠慣性が働くことがあります。
短い時間でも睡眠慣性が働くのも、徐波睡眠が関係しています。
短い睡眠で睡眠慣性が働かないようにするには、徐波睡眠が発生する前に起きる必要があるため、睡眠時間(入眠~起床までの総時間)を概ね30分以内にするか、逆に睡眠周期の1サイクルが終了する時間である90分以上睡眠をとることでちょうど浅い眠りになり、睡眠慣性を予防しやすくなります。

ただし、睡眠周期には個人差があります。
また、昼寝で徐波睡眠が発生すると、夜眠る時に寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなって眠りの質が悪くなる可能性もあるため、注意が必要です。

睡眠慣性が影響する時間

睡眠慣性が影響する時間(眠気を強く感じる時間)は、睡眠時間が充足している場合は数分でなくなりますが、睡眠時間が短い場合や、睡眠の質が悪い場合、睡眠が不足している場合は睡眠慣性の影響が長引きやすくなります。
睡眠慣性が残る時間は人によっても違いますが、ひどいケースでは一日中残って、ぼーっとしてしまう人もいるようです。

目覚まし時計で朝起きるのが苦手な人や、二度寝してしまう人、ダラダラと眠ってしまう人、ロングスリーパーの人などは、この睡眠慣性が影響している場合もあります。

睡眠慣性を防ぐには

睡眠周期のうち徐波睡眠中(深い眠り)に起きようとすると、睡眠慣性が働きやすくなるため、眠りの浅いレム睡眠のときに起きるよう、睡眠時間を調整するとスッキリ起きやすくなるかもしれません。

また、睡眠慣性の影響時間を短くするには、起床後にカーテンを開けて太陽光を浴びるのが最も有効です。
朝起きて太陽光を浴びることで、セロトニンノルアドレナリンが分泌され、交感神経が刺激されて血圧が上がり、目が覚めやすくなる他、夜にメラトニンが分泌されやすくなって寝付きが良くなる効果もあります。

  1. 睡眠時間を調整してレム睡眠のときに起きる
  2. 朝起きてから太陽光を浴びて交感神経を刺激する

スッキリ目覚めるには『光目覚まし』がオススメ

いつも睡眠慣性が働いてしまい、寝起きが悪い人にお勧めしたいのが、光目覚ましinti です。
光目覚ましintiは、朝日を再現した心地よい光が定刻になると自動的に発せられる新しいタイプの目覚まし時計で、テレビや雑誌でも最近よく取り上げられている人気商品で、今では常時品薄になるほどの人気です。
自然な太陽光を浴びるのと同じように、交感神経を刺激して体内時計を整える効果、時差ボケの解消、セロトニン活性化やメラトニンの分泌にも効果が期待でき、不眠や自律神経バランスの改善にも役立ちます。

さらに光目覚ましintiには、その効果に絶大な自信があるためか、『全額返金保証』も付いているため、試してみて効果が実感出来ない場合でも安心です。
目覚めをスッキリしたい人、体内時計が乱れがちな人や不眠や睡眠障害、気分の落ち込みなどで悩んでいる人は、一度是非お試し頂きたい商品です。
81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!