コルチゾールとは

6273248505_43d0b56424_o

コルチゾールとは、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドの一つで別名『ヒドロコルチゾン』と言われることもあります。私達に馴染みある言葉では、『ステロイド』と呼ばれます。コルチゾールはストレスに反応して分泌されるため、『ストレスホルモン』と呼ばれ、抗炎症作用、血糖値上昇、副腎疲労、不眠症やうつ病とも関係があります。

コルチゾールの特徴や役割

生命の維持に必要なホルモン

コルチゾールには副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の一種で、炭水化物や糖の代謝、脂肪の代謝、タンパク質の代謝など、様々な栄養素の代謝を促進する作用があります。また炎症を抑える作用もあり、ステロイド系抗炎症薬として広く使用されています。さらに免疫機能への作用もあり、人の生命維持に必要不可欠なホルモンです。

抗ストレスの働き

コルチゾールはストレスに反応して分泌される、ノルアドレナリンアドレナリンとともに「ストレスホルモン」と呼ばれています。

人が何らかのストレスを受けると、そのストレスの強さに応じてコルチゾールが分泌され、交感神経系を刺激し、脈拍や血圧を上昇させ、脳を覚醒させて、ストレスに対応するための作用を発揮します。

コルチゾールは、ストレスから体を守るための『抗ストレス反応』として分泌されますが、事故や戦争の体験、強い恐怖やトラウマが長期間残るような、あまりにも強いストレスを体験をすると、コルチゾールの分泌量が激増してしまい、脳内で記憶を司る『海馬』を萎縮させて、以後PTSDや強いうつ症状が残る場合があります。

コルチゾールの作用

抗ストレス作用
抗ストレス作用はコルチゾールの基本的な作用で、ストレスに反応して分泌されて、交感神経を刺激して身体の緊張状態を保って、脈拍や血圧を上昇させて運動機能を増幅し、脳を覚醒させます。
糖新生の促進・血糖値の上昇
糖新生とは、筋肉中のタンパク質をアミノ酸に分解して、肝臓でグリコーゲンに変えて、グリコーゲンをブドウ糖に合成する働きです。ブドウ糖は脳の活動エネルギーとして使用されており、ブドウ糖が不足するような絶食時や飢餓状態には『糖新生』が起こって筋肉が分解されます。
また、絶食時や飢餓状態で、脳が栄養不足に陥いることで生命維持が困難になるのを防ぐため(脳が効率的に糖分を使用出来るようにするため)、コルチゾールは脳以外の組織でブドウ糖の使用されるのを制限し、血液中の血糖値を上昇させます。
脂肪分解促進
糖新生が起こるような状況下で、脳以外の組織は糖分の使用が制限されるため、コルチゾールは脂肪の分解を促進して、それらの組織への代替エネルギーとして供給します。
抗炎症作用
炎症は、身体の防衛反応の一つで、炎症することでその部位に痛みを引き起こし、怪我の治癒・修復を促す働きをしています。しかし、怪我の治癒や修復には当然エネルギーが消費されており、生命が危機に瀕するような緊急時の作用として、コルチゾールが分泌されて炎症を抑えることで、その分のエネルギー消費を抑制し、身体が危機を脱するための活動エネルギーを保てるよう作用します。
現代においては、コルチゾールが分泌されるようなストレス下では、怪我の回復が遅くなる事を意味します。
免疫抑制作用
抗炎症作用と同じように、短期的な免疫作用を抑制することで、危機的状態における活動エネルギーを確保するための作用です。現代に置き換えると、コルチゾールが分泌されるようなストレス下では免疫力が落ちるため、病気への抵抗力が下がり、病気に罹りやすくなる事が考えられます。長期的な免疫力の低下にはガンなど発症リスクの増加や、抗酸化作用の働きの低下による老化現象の促進(シワやシミの増加など)など、健康やアンチエイジングの大敵になることが考えられます。

コルチゾールの分泌

コルチゾールの分泌は、生活の中で生じる様々なイレギュラーなストレスに反応して行われる以外にも、起床→通勤・通学→就業・就学→睡眠といった規則的な生活リズムに応じて自然と一定量が分泌される性質があります。コルチゾールの分泌は、同じく交感神経系を刺激して覚醒を維持する作用があるノルアドレナリンやセロトニンの働きとも同調しており、また睡眠ホルモンであるメラトニンとは相反する存在であると言えます。

睡眠中の分泌

人間の体は睡眠中でも活動しており、常にエネルギーを消費し続けます。睡眠中は肝臓に蓄えられたグリコーゲンや、体内の脂肪などを分解してエネルギー源にしています。睡眠中に脂肪の分解を行うのが、成長ホルモンやコルチゾールです。

深い睡眠とされるノンレム睡眠時は成長ホルモンが、浅い睡眠とされるレム睡眠時はコルチゾールが、それぞれ体のエネルギー消費を支えるために脂肪を分解するために分泌されます。

こうして、脂肪の分解や栄養素の代謝を行うことから、コルチゾールは睡眠中のダイエットにも効果のあるホルモンであると言われています。ただし、睡眠直前に食事をすると、血液中にはエネルギーとなるブドウ糖が十分に残っているため、新たに脂肪の分解を行う必要が無くなり、ダイエットの効果は薄くなりますし、脂肪が分解されないということは、太って体重が増える原因にもなります。

寝ている間のコルチゾールによる脂肪分解を促すには、夕食と就寝時間は数時間空けたほうが良いでしょう。

体内時計と同調して分泌

コルチゾールの分泌量は、体内時計や自律神経系の働きと同調しており、一般的にコルチゾールは一日のうち、朝(起床直前から起床後一時間程度の間)に特に多く分泌されます。これは、起床と共に交感神経系を刺激して、血圧を上昇させることで、体が素早く活動出来るようにさせるためと考えられます。

起床後、コルチゾールの分泌量は日中の活動が活発な時間帯は高値をキープし、夕方から夜になるにつれて分泌量は下がっていき、就寝前に最低値になる、一定のサイクルを刻みます。

ところが、不規則な生活を続けると、自律神経系のバランスに乱れが生じて、コルチゾールの分泌サイクルも乱れて、朝の起床時や日中に交感神経系が興奮せずに、いつまでたっても目が覚めず眠たかったり、日中ぼーっとしてしまうような症状が現れることもあります。

ストレスに反応して分泌

体内時計によるコルチゾールの分泌とは別に、日中の活動中に、何らかの脳が何らかのストレスを受けると、それに反応してコルチゾールが分泌されます。

ストレスでコルチゾールが分泌される順序

人のストレスに対する反応は、HPA軸(視床下部-下垂体-副腎系、Hypothalamic-Pituitary-Adrenal Axis)により制御されています。ストレスによってコルチゾールが分泌される順序は以下の通りです。

  1. 脳がストレスを感じる。
  2. 脳の視床下部からが副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が分泌される。
  3. (CRH)が脳下垂体の前葉を刺激し、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌される
  4. (ACTH)が副腎皮質を刺激し、コルチゾールが分泌される。

長期的なストレスによる影響

ストレスに反応して副腎皮質からコルチゾールが分泌されると、様々な影響が生じます。特に、長期間にわたりストレスを受け続けると、以下のような影響が現れる恐れがあります。

  • 免疫力が抑制されて風邪や病気になりやすい
  • 炎症が抑制されて傷が治りにくくなる
  • 代謝が抑制して太りやすくなる
  • 脳の海馬を萎縮させて記憶を傷害する

強いストレスを長期間継続して受け続けると、体内時計や自律神経系の働きは乱れ、コルチゾールの分泌も過剰になってしまい、副腎疲労を起こす原因となります。

コルチゾールの分泌異常

分泌が過剰になると

本来、コルチゾールが慢性的に過剰に分泌される状態と言うのは、戦時下や飢餓状態、大きな震災時のような、強いストレスに曝され続けている状態を意味します。

一般の人が、日常生活の中でコルチゾールの分泌量が過剰である場合は、ストレスによって発症するうつ病を始めとした精神疾病や、不眠症などの睡眠障害、糖尿病や肥満症などの疾病を発症している恐れがあります。その他にも副腎皮質や視床下部と言った部位の異常が疑われます。

特に、現代の日本人に多いうつ病の原因として挙げられるセロトニンが不足していると、コルチゾールの分泌量が上昇する傾向にあるとされています。

コルチゾールの分泌が減少すると

コルチゾールは、ストレスに反応して副腎で分泌されます。通常はストレスが増えれば、その分自然とコルチゾールの分泌量も増えます。

ところが、慢性的に高いストレスに晒され、コルチゾールの分泌過剰が続くと、副腎が疲弊し、コルチゾールを分泌させ続けることができなくなり、分泌量が減少してしまいます。(副腎の機能低下)

すると、コルチゾールによるストレスへの耐性を失い、極度の疲労、無気力や無関心、集中力や判断力の低下といった、うつ病の発症の手前で起こるような、抑うつ症状を主とした症状が現れます。

コルチゾールの分泌が減少するまでの典型例
1.強いストレスを受ける
2.当初はコルチゾールが過剰に分泌してストレスに対抗する
3.やがて副腎が疲労する
4.副腎の機能が低下しコルチゾールを分泌し続けることができなくなる
コルチゾールが減少して抗ストレス作用が低下して抑うつ症状が現れる

photo by:Bernard Goldbach



authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!