「ノルアドレナリン」タグの記事一覧

緊張やあがり症とセロトニンの関係

セロトニン

セロトニンには緊張やあがり症などの症状を抑える作用があります。人前での発表や面接の前などに緊張してしまい、イライラしたり強い不安を感じるのは、直接的には『ノルアドレナリン』の分泌が増えるためですが、セロトニンが不足してい・・・


うつ病の原因-BDNF仮説

うつ病

うつ病が起こる原因として、これまで様々な仮説が唱えられてきましたが、未だ完全には解明されていません。ただ、うつ病の原因は1つの特定の原因によって起こるのではなく、いくつもの要因が重なることで発症するのではないか考えられて・・・

音楽でセロトニンを増やすには

セロトニン

音楽でセロトニンを増やすには、『3通りの方法』があります。1.音楽を聞く、2.音楽を演奏する、3.歌を歌うです。人の脳は心地良いと感じたときにα波が分泌され、心身がリラックスして、セロトニンの分泌が促進されるため、α波を・・・


セロトニンと疲労の関係

セロトニン

疲労とは、生命を維持する上で重要な脳からの信号であり、痛みや発熱と並んで『三大生体アラーム』と呼ばれます。疲労は過労(オーバーワーク)や人間関係のストレスと深く関わりがあり、ストレスから来る疲労とうまく付き合っていくには・・・

セロトニンとストレス

セロトニン

現代人に多い人間関係や仕事、勉強などに起因する心理的なストレス。こうしたストレスに打ち勝つには、脳内の神経伝達物質セロトニンの働きが重要となります。ストレスとセロトニンの関係についてご紹介します。 セロトニンはストレスを・・・

起立性調節障害とノルアドレナリン

起立性調節障害

起立性調節障害が起こる主な原因は、自律神経系の働きの乱れから血管収縮に問題が生じて、脳への血液供給や心臓へ戻る血液量が減少することで、低血圧や頻脈などの諸症状が現れると考えられています。自律神経系による血管収縮の仕組みは・・・

新入生や新社会人が気をつけたい5月病

うつ病 時事

4月は進級、進学、新入社、転勤と、新しい環境での生活が始まる季節で、私達に新たな希望や意欲を与えてくれる一方、新しい環境に馴染めないと、激しいストレスを感じる原因ともなり、無断欠勤や不登校、引きこもりの引き金にもなります・・・

ページの先頭へ