「腸内細菌」タグの記事一覧

腸内フローラの改善に有効な短鎖脂肪酸

腸内環境

短鎖脂肪酸とは、人の腸内に生息する腸内細菌が代謝する物質の一種です。酢酸(さくさん)、プロピオン酸、酪酸(らくさん)の3種が代表的な人の腸内にいる腸内細菌によって作られる短鎖脂肪酸で、体の様々な部位に影響を与える物質とし・・・


乳酸菌生産物質とは

腸内環境

乳酸菌生産物質とは、乳酸菌やビフィズス菌などいわゆる善玉菌から代謝される、人体に有益な働きをする様々な有効物質の総称です。人の『腸内環境』は、心や体の健康と密接な関わりを持っており、乳酸菌生産物質は腸内フローラの改善と心・・・


セロトニンと腸内環境

セロトニン 腸内環境

不安やイライラを抑える神経伝達物質として脳内で働くセロトニンと、人の腸のコンディションには密接な関係があります。腸内環境が良いと、脳内でセロトニンを合成しやすく、逆に腸内環境が悪いと、脳内のセロトニンが不足しやすいのです・・・

セロトニンを増やすために必要な栄養素

セロトニン

脳内のセロトニンを増やすためには、食事から様々な栄養素を摂取する必要があります。セロトニンの主原料となるトリプトファン以外にも、炭水化物、ビタミンB6、鉄分、マグネシウム、ナイアシンなどが関係します。効率よくセロトニンを・・・

起立性調節障害と腸の働き

腸内環境 起立性調節障害

起立性調節障害の発症は、いくつかの点で『腸』と関係があります。人の腸は自律神経系によって支配されており、自律神経系の働き乱れると『腸内環境が悪化』することがわかっています。特に、起立性調節障害とも深い関係があるストレスは・・・

季節の変わり目は腸内環境の悪化に注意

時事 腸内環境

冬から春、春から夏などの季節の変わり目は、昼夜の気温の変動が激しくなったり、引っ越しをしたり、新しい職場に移動するなど、生活環境の変化などが起こりやすい時期です。ところで、季節の変わり目は、体調も変化しやすい時期でもあり・・・

ページの先頭へ