「概日リズム」タグの記事一覧

気分が沈む冬をセロトニンで乗り切ろう

セロトニン

毎年秋から冬にかけて、何となく気分が落ち込むことがあります。冬が何となく苦手、という人も多いのではないでしょうか。冬に気分が落ち込んだり、憂うつな気分になるのは、脳内のセロトニンが関係しています。 冬はセロトニンが減少し・・・


睡眠と恒常性維持機構

睡眠

人が睡眠を摂る理由のひとつに、恒常性維持機構(ホメオスタシス)の働きがあります。「疲れて泥のように眠る」という言い回しがありますが、体が疲労すると、普段よりも効率よく深い睡眠をとって、体が早く修復するように働くのが睡眠の・・・

睡眠と体内時計

睡眠

人はなぜ眠るのか? 夜になると人が眠ることができるのは体内時計が働いているためです。ところが現代社会には体内時計を乱す原因となるものが蔓延しており、体内時計の乱れから、不眠症を始めとした様々な病気にかかる人が急増していま・・・


睡眠をコントロールする人体メカニズム

睡眠

人の眠りは、二つの人体メカニズム「体内時計(サーカディアンリズム)」と「恒常性維持機構(ホメオスタシス)」によって、コントロールされています。 これらのメカニズムは我々人類が進歩の過程で長い年月を掛けて獲得してきた環境適・・・

起立性調節障害と体内時計

起立性調節障害

起立性調節障害の特徴として、午前中特に朝起きる上がるのが辛く、夜になると症状が改善して元気になる、というものがあります。朝が辛い原因は自律神経系の働きの乱れによって交感神経系の働きが弱いためですが、その大元には人の持つ体・・・

大人の起立性調節障害の原因と改善法

起立性調節障害

起立性調節障害は、自律神経系や循環器系の未成熟な思春期の子どもが発症しやすい病気で、心身の成長や時間の経過と共に、多くの場合で成人する頃には症状が改善されると言われていますが、大人になっても起立性調節障害の症状に悩まされ・・・

日光浴で生活習慣を改善

健康 雑記

忙しい現代社会では、夜遅くに帰ってきたり、朝早くに出かけたりと、生活習慣が乱れがちです。乱れた生活習慣は体内時計や自律神経を乱れさせる原因となり、様々な病気に罹りやすくなります。生活習慣の乱れを改善する効果が期待できる日・・・

睡眠相後退症候群(DSPS)とは

睡眠障害

睡眠相後退症候群とは、睡眠の時間帯や睡眠リズムに関する睡眠障害(概日リズム睡眠障害)の一種で、夜寝る時間と朝起きる時間が通常の人よりも遅く固定された「遅寝遅起」の症状を示します。この病気の症状を端的に表すと、「慢性的な一・・・

日光浴でセロトニンが増える理由

セロトニン

全ての生命の源である太陽。太陽光を浴びる日光浴には様々な効果があることが知られており、セロトニンを増やす方法の一つとしても数えられます。どのような経緯や方法で日光浴によってセロトニンが増えるのかをご紹介します。 自律神経・・・

ページの先頭へ