ビタミンB12

480699341_b5f0c43cbf_z

ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種です。葉酸と協力して赤血球やヘモグロビンの合成を助けることから「造血のビタミン」とも呼ばれます。また、核酸、アミノ酸、タンパク質などの合成を補助する働きもしています。

ビタミンB12は、神経細胞の合成や修復に作用し、神経機能の働きを正常に保ちます。また、睡眠リズムの正常化に関わっており、生活リズムが乱れた時にビタミンB12を摂取すると生活リズムの正常化に役立つと考えられています。

ビタミンB12が欠乏すると以下のような症状が起こることがあります。疲労/吐き気/食欲低下/下痢/貧血症/手足のしびれ/腰痛/肩凝り/神経痛/集中力の低下/記憶力の低下/動脈硬化/生活習慣病/睡眠障害/気分障害

ビタミンB12は、動物性食品や発酵食品から腸内細菌によって生成され、肝臓に貯蔵されています。基本的には不足することはない栄養素ですが、過度の偏食や菜食主義者の場合は不足する可能性があります。

ビタミンB12が不足すると、肩凝り、腰痛、手足のしびれなどの神経痛が起こることがある他、睡眠リズムへの作用から、不眠症うつ病などの気分障害への影響や関連も示唆されています。

photo credit :Daniel R. Blume

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!