「不眠症」タグの記事一覧


セロトニンと不眠

セロトニン

脳内で神経伝達物質として働くセロトニンは睡眠と深い関わりがあります。セロトニンは睡眠ホルモン『メラトニン』の材料となり、セロトニンが不足すると、メラトニンが分泌されにくくなるため、寝付きが悪い、眠りが浅いなど不眠症状が現・・・

睡眠と体内時計

睡眠

人はなぜ眠るのか? 夜になると人が眠ることができるのは体内時計が働いているためです。ところが現代社会には体内時計を乱す原因となるものが蔓延しており、体内時計の乱れから、不眠症を始めとした様々な病気にかかる人が急増していま・・・


メラトニンとセロトニンの関係

メラトニン

睡眠ホルモン『メラトニン』と、覚醒を促す神経伝達物質『セロトニン』の関係は、光と影、または昼と夜、陰と陽など、反対の性質を持つ言葉が当てはまります。また、メラトニンはセロトニンが原料となって合成される物質であるため、セロ・・・

睡眠とは

睡眠

人の一生のおよそ1/3もの時間を占める睡眠について、私たちはよく知りません。それどころか、『睡眠は無駄な時間』とか『寝ている時間がもったいない』などと考える人も多く、軽視されがちです。本当に睡眠は必要ないのでしょうか?こ・・・

セロトニン不足の原因と症状、解消法

セロトニン

セロトニンが不足することで、気分の落ち込みや無気力などの症状や不眠症状、うつ病等の精神疾病など、様々な悪影響が現れる可能性があります。セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで「三大神経伝達物質」と呼ばれており、・・・

セロトニンとは

セロトニン

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシト・・・

起立性調節障害とは

起立性調節障害

起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation,略:OD)とは、脳へ十分な血液を循環させることが出来ないために、めまい立ちくらみなど、いわゆる『低血圧』や『貧血』の症状が現れる障害で、発展途上の成長期・・・

新入生や新社会人が気をつけたい5月病

うつ病 時事

4月は進級、進学、新入社、転勤と、新しい環境での生活が始まる季節で、私達に新たな希望や意欲を与えてくれる一方、新しい環境に馴染めないと、激しいストレスを感じる原因ともなり、無断欠勤や不登校、引きこもりの引き金にもなります・・・

アドレナリンの効果と副作用

ストレス ホルモン

アドレナリンの働きは生物の生存本能そのものと言っても過言ではなく、非常に強力な作用を持っています。アドレナリンが大量に分泌されるような状況下では、人間の三大欲求(食欲、睡眠欲、性欲)でさえ制限されます。 アドレナリンの効・・・

ページの先頭へ