ビタミンB6

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝や神経伝達に用いられる生理活性物質です。
人の腸内にいる細菌が合成するため、基本的には不足することは無いとされているが、抗生物質などを服用すると(細菌が減ってしまうため)ビタミンB6が不足する可能性が指摘されています。

セロトニンの生成においては、材料となるトリプトファンとビタミンB6が合成することでセロトニンが生成されることから、うつ病など、セロトニン不足を解消する際にトリプトファンと並んで摂取が必要とされている物質です。(通常は前述の通り、腸内細菌が合成してくれる。)

author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!