葉酸(ビタミンB9)

8484163552_8d6ae7192a_z

葉酸(ビタミンB9)は水溶性のビタミンB群の一種で、ビタミンB12と共に赤血球を作る働きを補助している栄養素です。
ビタミンB群の中では9番目に発見されたことからビタミンB9とも呼ばれます。
タンパク質や核酸を合成する補酵素として、神経や細胞の修復や再生に作用しており、葉酸を摂取することで皮膚や粘膜を健康に保つことが出来ます。

胎児の正常な発育に欠かせない栄養素で、妊娠中の女性に葉酸が不足すると、胎児の発育に影響が出る可能性があるため、妊婦の場合は通常の2倍の量を摂取することが厚生労働省によって推奨されています。

食材では動物のレバーや、ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれており、体内では腸内細菌によって合成され、肝臓内で貯蔵されます。

葉酸を食品から摂取する場合、水溶性のため茹でて調理すると、水中に溶け出てしまいやすく、また、熱や光にも弱いため、効率よく摂取するには、新鮮な食材を生で摂取するのが良く、サラダや納豆、果物のスムージーなどが効率よく摂取できる。
またビタミンCやビタミンB12と一緒に摂取すると、葉酸が体内で効率良く働くことも分かっています。

一般的に欠乏しにくい栄養素ですが、妊娠中の女性、飲酒、避妊薬、抗癌剤などを摂取すると欠乏することがあります。

葉酸が欠乏すると、貧血/体の発育の阻害/胎児の神経管閉塞障害/動脈硬化/認知症/聴力障害/生活習慣病
など、様々な欠乏症や悪影響が生じることがあります。

photo credit :Daniella Segura

author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!