セロトニンと不眠

脳内で神経伝達物質として働くセロトニンは睡眠と深い関わりがあります。セロトニンは睡眠ホルモン『メラトニン』の材料となり、セロトニンが不足すると、メラトニンが分泌されにくくなるため、寝付きが悪い、眠りが浅いなど不眠症状が現 … 続きを読む

睡眠と恒常性維持機構

人が睡眠を摂る理由のひとつに、恒常性維持機構(ホメオスタシス)の働きがあります。「疲れて泥のように眠る」という言い回しがありますが、体が疲労すると、普段よりも効率よく深い睡眠をとって、体が早く修復するように働くのが睡眠の … 続きを読む

睡眠と体内時計

人はなぜ眠るのか? 夜になると人が眠ることができるのは体内時計が働いているためです。ところが現代社会には体内時計を乱す原因となるものが蔓延しており、体内時計の乱れから、不眠症を始めとした様々な病気にかかる人が急増していま … 続きを読む

睡眠とセロトニン

人は朝起きて、夜になると眠ります。朝起きて夜眠るという生活リズムは人類が長い年月を掛けて築いてきた習性です。人類の遺伝子に刻み込まれたこの習性を「体内時計」という言葉で置き換えることができます。体内時計は人体の様々な生体 … 続きを読む

睡眠とは

人の一生のおよそ1/3もの時間を占める睡眠について、私たちはよく知りません。それどころか、『睡眠は無駄な時間』とか『寝ている時間がもったいない』などと考える人も多く、軽視されがちです。本当に睡眠は必要ないのでしょうか?こ … 続きを読む