「交感神経系」タグの記事一覧

快眠と運動

睡眠

人の体は自律神経系という、無意識のうちに働く神経系によって脳が覚醒したり眠りに付いたりしています。適切な方法で運動をすると、自律神経系の働きを良くすることが出来、寝付きを良くしたり眠りを深くするなど、快眠効果を得ることが・・・


腸内フローラの改善に有効な短鎖脂肪酸

腸内環境

短鎖脂肪酸とは、人の腸内に生息する腸内細菌が代謝する物質の一種です。酢酸(さくさん)、プロピオン酸、酪酸(らくさん)の3種が代表的な人の腸内にいる腸内細菌によって作られる短鎖脂肪酸で、体の様々な部位に影響を与える物質とし・・・

緊張やあがり症とセロトニンの関係

セロトニン

セロトニンには緊張やあがり症などの症状を抑える作用があります。人前での発表や面接の前などに緊張してしまい、イライラしたり強い不安を感じるのは、直接的には『ノルアドレナリン』の分泌が増えるためですが、セロトニンが不足してい・・・


セロトニンと頭痛の関係

セロトニン 頭痛

頭痛が起こる原因の一つとして、体内のセロトニンの働きが関係している可能性があります。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質で、自律神経系との関係が深い物質です。また、痛みを抑制する働き、血管の収縮作用など、頭痛の発生に関係が・・・

女性の更年期障害とは

病気・疾病

女性の更年期障害とは、閉経前後の女性に発生する女性ホルモンの分泌減少と、それによって起こる自律神経系の乱れより発生する身体的、精神的な様々な症状の総称です。更年期障害は閉経によって女性ホルモンの『エストロゲン』の分泌が低・・・

水泳でセロトニンを増やす

セロトニン

水泳はセロトニンを増やすことが出来る運動のひとつです。脳内にあるセロトニン神経は歩行や呼吸、咀嚼(物を噛むこと)と言った一定のリズムを刻む、いわゆるリズム運動で活性化され、セロトニン神経が活性化されるとセロトニンの合成も・・・

セロトニンと体温について

セロトニン

人の体温は、一日のうちで朝と夜ではおよそ1℃程度変化があります。人の体温変化には自律神経系働きが大きく関与していますが、その大元を詳しく見るとセロトニンが体温の変動と調節に作用していることがわかります。 セロトニンの体温・・・

音楽でセロトニンを増やすには

セロトニン

音楽でセロトニンを増やすには、『3通りの方法』があります。1.音楽を聞く、2.音楽を演奏する、3.歌を歌うです。人の脳は心地良いと感じたときにα波が分泌され、心身がリラックスして、セロトニンの分泌が促進されるため、α波を・・・

セロトニンと疲労の関係

セロトニン

疲労とは、生命を維持する上で重要な脳からの信号であり、痛みや発熱と並んで『三大生体アラーム』と呼ばれます。疲労は過労(オーバーワーク)や人間関係のストレスと深く関わりがあり、ストレスから来る疲労とうまく付き合っていくには・・・

ページの先頭へ