「ドーパミン」タグの記事一覧

緊張やあがり症とセロトニンの関係

セロトニン

セロトニンには緊張やあがり症などの症状を抑える作用があります。人前での発表や面接の前などに緊張してしまい、イライラしたり強い不安を感じるのは、直接的には『ノルアドレナリン』の分泌が増えるためですが、セロトニンが不足してい・・・


うつ病の原因-BDNF仮説

うつ病

うつ病が起こる原因として、これまで様々な仮説が唱えられてきましたが、未だ完全には解明されていません。ただ、うつ病の原因は1つの特定の原因によって起こるのではなく、いくつもの要因が重なることで発症するのではないか考えられて・・・

お勧め出来ないストレス解消法

ストレス

世の中ストレスが溜まりがちで、ストレスを解消することは私達現代人にとっては必要不可欠です。ところが、お勧め出来ないストレス解消法というものが存在します。誤った方法でストレスを解消しようとすると、ストレスが解消されるどころ・・・


ノルアドレナリンが過剰だと?

ノルアドレナリン

「あの人は怒りっぽいからカルシウムが足りない」などと昔からよく言われますが、すぐにイライラしたり、キレて怒りっぽいのはノルアドレナリンの分泌が過剰なせいかもしれません。いつもハイテンションな人も、ノルアドレナリンがたくさ・・・

ドーパミンと睡眠

ドーパミン

ドーパミンと睡眠には、いくつかの興味深い関わりがあります。睡眠障害である不眠(眠れない)、過眠(ねむりすぎる)のどちらもドーパミンと関わりがあります。ドーパミンの分泌と睡眠には、『過剰だと不眠』『不足すると過眠』という関・・・

ドーパミンが過剰に分泌されると

ドーパミン

意欲やモチベーションを高めるドーパミンですが、多く分泌されれば良いというものでもありません。ドーパミンの過剰な分泌には、ときにその快感を欲するあまり、例えば過食やギャンブル依存のように、意欲や欲求の暴走といった『副作用』・・・

ドーパミンを増やす方法

ドーパミン

嫌いな勉強やつらい運動などを快感へと変えるドーパミン。物事のモチベーション、いわゆるやる気スイッチであるドーパミンは、どうしたら増えるでしょうか。ドーパミンの増やし方をいくつかご紹介します。 ドーパミンを増やす方法 食事・・・

チロシンとは

アミノ酸

チロシンとはアミノ酸の一種で、ドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンの材料となる物質です。 また、細胞の代謝に関わる甲状腺ホルモンや、皮膚を守るメラニン色素の材料になることでも知られています。チロシンは必須アミノ酸で・・・

フェニルアラニンとは

アミノ酸

フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつで、肝臓で作られる『フェニルアラニン水酸化酵素』によってチロシンへと合成されます。さらにチロシンを経て合成されるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンのもととなる物質でもあり、血・・・

腸内環境の悪化で起こる悪影響

腸内環境

人の腸内には無数の腸内細菌が生息しており、その様はしばしば花畑に例えられ、『腸内フローラ』と呼ばれることもあります。人体と腸内細菌はお互いに影響を及ぼし合う共生関係にあります。そんな腸内細菌が住む腸内の環境悪化は腸内細菌・・・

ページの先頭へ