お勧め出来ないストレス解消法

世の中ストレスが溜まりがちで、ストレスを解消することは私達現代人にとっては必要不可欠です。ところが、お勧め出来ないストレス解消法というものが存在します。誤った方法でストレスを解消しようとすると、ストレスが解消されるどころか、何らかの依存症などを発症する恐れがあるのです。誤ったストレス解消法によって人を依存症へと導く、ある物質の存在を併せてご紹介します。

食べること

食べること自体がストレス解消に役立つのは間違いではありません。また、バランスの良い食事は健康を維持する上では必要不可欠です。従って、食事自体はしっかりと取りましょう。

しかし、「ストレスを感じたから食べる」という状況は望ましくありません。食べることがストレスを解消することの手段として常態化すると、ストレスを感じる度に常に食べ物を求める、過食傾向に陥る可能性もあります。

アルコール

適度のアルコールにもストレス解消効果はあります。また、ノミニケーションという言葉があるように、お酒の席で人とのコミュニケーションを取ること自体は有効なストレス解消法です。

ただし、これも食べ物と同じで、「嫌なことがあったら酒を飲む」という状況に陥る可能性があるため、お勧め出来ないストレス解消法なのです。

お酒の飲み過ぎは、肝臓に負担をかけますし、寝酒が過ぎれば睡眠の質が悪化し、不眠症にもつながります。また、アルコールには非常に強い依存性があるので、飲酒を続ければ、いずれアルコール依存症になる可能性があります。

寝過ぎ

眠ることは効果的なストレス解消法です。しかも、忙しい現代人はなかなかゆっくり眠ることも出来ません。平日は家に帰るのは日が明けてから、そしてまた早朝から仕事・・・。そんな生活をしている人も多いでしょう。

そして、やっと迎えた週末をぐっすり寝て過ごす。至福の一時ですが、ここに落とし穴があります。

睡眠には溜まった疲れを取る効果があるので、休日にまとまった睡眠を取ることで、平日の足りなかった睡眠時間を穴埋めすることが出来ます。

いわゆる寝貯めは、将来の疲れには意味がないという性質があることを覚えておく必要があります。例えば、「先週はあまり眠れなかったから、今日は少し多めに寝よう」ということは出来ても、「明日は寝る時間が少なそうだから、今日は沢山寝ておこう」ということは出来ません。これは、人の恒常性維持機構という性質からくるものです。

また、普段より極端に長時間の睡眠を取ると、体内時計が狂って、その後の生活リズムが崩れる可能性もありますので、この点も注意が必要です。

休日の寝貯めは、「平日の睡眠時間+2時間程度まで」を目安にしておくと良いかと思います。

買い物

パーッと買い物をするとストレス解消になるかもしれません。しかしここでも注意が必要です。

これもやはり、「嫌なことがあったら買い物をする」という依存のループに陥る可能性があります。

ギャンブル

ギャンブルも依存性が強いので、おすすめできないストレス解消法です。そして、ギャンブルは、お金、仕事、信用、友人、家庭など、多くのものを失うリスクがあるということも理解する必要があります。

ストレス解消を特定のものに依存症しないこと

ここまで紹介してきた、お勧め出来ないストレス解消法には共通した理由があります。それは、ストレス解消を特定の手段に依存するということが良くないということです。

適度の食事は良くても、食べ過ぎは良くない。寝るのは良いけど、寝すぎは良くない。 など。

ストレスを解消する行為を行い過ぎると、ストレス解消するためにその行為を行っていたはずなのに、いつしか「その行為自体が目的になってしまう」、つまりその行為に依存した状態に陥るからです。

ドーパミンの分泌が依存症の原因に

このことは、ドーパミンという神経伝達物質が関係しています。ドーパミンは人の快感、意欲、学習、動機などに関わりのある神経伝達物質で、例えばゲームで良い点を取って「気持ち良い」と感じた時に放出されます。

適度のドーパミンは活力を生み出し、能動的な行動をすることに役立ちますが、人は過去に経験して気持ちよかったことを再び求めて、同じ行為に走ります。つまり、「ゲームが楽しかったからまたやろう」とか、その他にも食事だったりアルコールだったり、パチンコや買い物だったり、これらは全て行き過ぎると「○○依存症という語尾」が付く行為であることが知られています。

従って、こうした「嫌なことがあったらあれをやって解消しよう」という手順でストレスを解消すること自体は、全て間違いだとは言い切れませんが、いずれにしても行き過ぎには注意が必要なのです。

現代社会ではストレス自体を無くすことは難しい

もしも自分が感じるストレスが、職場や学校、家庭などでの人間関係が絡んでいるものの場合、ストレスそのものを無くすには、仕事や学校を辞めたり、離婚をするなど、とても大きな決断を迫られることになり、必ずしも全てのケースでストレスを解消できるとは限りません。

しかも、現代社会におけるストレスの原因はこうした人間関係に起因するものが殆どです。つまり、私達にとってストレスとは、常に隣りにあるもので、その全てを消し去ることは不可能なものです。

となると、ストレスそのものを消し去ることを目指すのではなく、ストレスに対して強くなること、ストレスへの抵抗力を向上させることが、ストレスとの上手な付き合い方なのかもしれません。 ストレスへの抵抗力を高めるのにお勧めなのが、グッドナイト27000という植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントです。

グッドナイト27000は、植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントなため、まず安心して口にすることが出来ます。
配合成分も心のバランスを整える作用のある神経伝達物質『セロトニン』の合成に必要なトリプトファンとビタミンB6以外にも、抗ストレス作用のあるGABAラフマ葉エキス、さらに『ラクティウム』という抗ストレス作用に優れた特許成分と、夜間の良質な睡眠をサポートする『テアニン』という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には、特に効果が期待できるサプリメントです。
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

※購入は定期購入が断然お得です。

photo credit: Total Addict ! (license)



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!