「人体の仕組み」の記事一覧(3 / 20ページ目)

オキシトシンと睡眠について

オキシトシン

オキシトシンがしっかりと分泌されているとき、脳はストレスに鈍感になり、交感神経系が過度に興奮することを防ぎます。同時に、副交感神経系が働きやすくなり、心身ともにリラックスした状態を作りやすくなり、ベッドに入れば気持ちのよ・・・

オキシトシンのサプリメント

オキシトシン

脳内のオキシトシンの分泌を増やすと、対人コミュニーケーション能力が高まることがわかり、自閉症スペクトラムの症状を改善するという研究結果が出て以来、コミュ障を改善する効果がオキシトシンに期待されるようになりました。オキシト・・・

オキシトシンを増やす食べ物と食事の仕方

オキシトシン

オキシトシンは、哺乳類の体内で分泌されるホルモンであるため、食品では豚や牛、羊などの肉に含まれていると考えられます。しかし、サプリメントなどで口からオキシトシンを摂取しても、胃や腸で分解されてしまうため、脳内に届くことは・・・

糖新生とは

人体の仕組み

糖新生とは、血糖値が下がったときにアミノ酸や乳酸、グリセロールを分解して、肝臓でグリコーゲンに変えて、グリコーゲンをブドウ糖へと合成する一連の仕組みのことです。ブドウ糖は脳の唯一の活動エネルギーであり、低血糖が進行して脳・・・

グルカゴンとは

ホルモン

グルカゴンとはすい臓から分泌されるホルモンで、血糖値が下がると分泌が促進され、血糖値を上昇・維持させる働きを持ちます。グルカゴンは糖新生を促進し、また、成長ホルモンの分泌も促進します。 グルカゴンの働き グルカゴンは、血・・・

成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)とは

ホルモン

成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)とは、視床下部の弓状核で合成されるホルモンで、別名を『ソマトクリニン』といいます。GHRHの働きは、主に脳下垂体のGH分泌細胞に働きかけ、成長ホルモンの分泌を促進することです。 GHR・・・

IGF-1とは

ホルモン

IGF-1(別名:ソマトメジンC)とは、成長ホルモンによって肝臓などから分泌が促進されるインスリンに類似した働きを持つ成長因子です。実は、成長ホルモンによる体の成長、細胞の修復や再生と言った作用の一部は、IGF-1によっ・・・

メラトニンと成長ホルモン

メラトニン 成長ホルモン

メラトニンと成長ホルモンは共に睡眠時に分泌量が増加するホルモンです。メラトニンと成長ホルモンは老化に深い関わりのあるホルモンでもあり、これらのホルモンの分泌を促進することは健康寿命の延長やアンチエイジングに関わるといえま・・・

ページの先頭へ