成長ホルモン分泌抑制ホルモン(ソマトスタチン)

成長ホルモン分泌抑制ホルモン(ソマトスタチン,SRIF)は脳の視床下部で合成されるホルモンで、成長ホルモンの分泌を抑制するホルモンです。また、すい臓で合成されるソマトスタチンは、血糖値の調整を行うホルモンでもあります。

成長ホルモンの分泌を抑制

ソマトスタチンは、成長ホルモン(GH)と成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)の分泌を抑制するホルモンです。血中の成長ホルモンの濃度が高くなると、ソマトスタチンが分泌され、GHとGHRHの分泌をそれぞれ抑制します。

GHRHは、睡眠中の徐波睡眠(深い眠り)の出現を促進する働きを持つホルモンです。そのため、ソマトスタチンがGHRHの分泌を抑制すると、結果としてGHRHによってもたらされる徐波睡眠の割合が減り、逆にレム睡眠の割合が増えることになります。

血糖値を調節

ソマトスタチンのもう一つの働きは、血糖値の調節です。

すい臓で合成されるソマトスタチンは、血糖値を低下させる作用を持つ『インスリン』と、血糖値を上昇させる作用を持つ『グルカゴン』の二つの分泌を抑制して調整することで、血糖値を蛇口の如く調節する働きをしています。

血糖値が高くなるとグルカゴン、血糖値が低くなるとインスリン、ソマトスタチンはそれぞれの分泌を抑制します。

消化吸収の抑制

胃や小腸の粘膜で分泌されるソマトスタチンは、胃や腸などの消化管で分泌されるホルモンの分泌を抑制し、胃酸や胆汁による消化吸収を抑制する働きをします。

ソマトスタチンの消化吸収を抑制する働きは、食物の消化吸収時間をコントロールすることで、血糖値が急下降したり急上昇するを防ぐためのものではないかと考えられます。

photo credit: Edna Winti Tapped Out (license)

author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!