加齢臭を改善するための3つの生活習慣

加齢臭を完全にシャットアウトすることは残念ながら不可能です。しかし加齢臭を減らす方法はあります。加齢臭の発生の原因にヒントがありました。 このページでは加齢臭を予防するのに実行すべき方法について紹介します。

加齢臭を増加させる原因から予防方法をさぐる

年齢とともに加齢臭が発生するのは仕方のないことです。ここで注目したいのは「発生時期」、「発生する量」「臭いのきつさ」に個人差がある点です。

それではどうして「加齢臭に個人差」が発生してしまうのでしょうか?考えられる要因として、食生活、運動習慣、飲酒・喫煙の有無といった生活習慣の違いが加齢臭に関する「個人差」を発生させているということです。

抗酸化物質の摂取

例えば「肉・油」中心の食生活を送っている人と、「抗酸化物質」を多く含む食材を心がけて食事をしている人と比較した場合どういった違いがみられるでしょうか?

前者の食生活を送っている人は、加齢臭の発生と深い関わりのある「活性酸素」を体内に蓄積するリスクが高く、後者の人は活性酸素を抑える食事により加齢臭の発生原因となる活性酸素を抑制するため加齢臭の発生リスクも少ないと考えられます。

ということで一つ目に加齢臭を予防するために行うべきことが判明しました。それは「抗酸化物質」を多く含む食事を心がけることです。

参考:『加齢臭を予防するための食事とは

運動習慣の有無

次に運動習慣について考えてみます。比較するのは普段からウォーキングを行い日常生活に有酸素運動を取り入れている人と、デスクワーク中心で通勤も車のため普段から運動不足の人です。

ここでポイントとなることに、有酸素運動は加齢臭にどういった効果があるのかということです。有酸素運動のメリットはいくつか考えられます。

まずひとつ目に基礎代謝が向上することで体脂肪の燃焼を促進し、加齢臭の原因である体脂肪を燃焼し減少することがあげられます。

次に活性酸素を減少させるのに有効な抗酸化作用を持つ酵素を作り出すのです。また有酸素運動するで、活性酸素の原因となるストレスの発散にもつながるのです。有酸素運動のメリットに「活性酸素の抑制」があります。

つまりこれが意味するのは、有酸素運動は加齢臭の発生原因である活性酸素の抑制していて、結果的に加齢臭の発生も抑制していると考えられるということです。

飲酒と喫煙

最後になりますが、飲酒喫煙について考えてみます。共通していえることに、飲酒・喫煙どちらの行為も活性酸素を発生させているのです。つまり加齢臭の発生を促進させていると言い換えることもできるのです。

ただし飲酒については、ポリフェノールを多く含む赤ワイン、ビールなどを中心にして、適度な量でたしなめばストレス発散にもつながるため、完全にマイナスとは言えません。しかし喫煙に関していえば、まったくメリットはありません。

加齢臭を予防するのに欠かせない3つの習慣。

一つ目は「食生活の改善」。抗酸化物質を多く含む食事を心がける。
二つ目は「有酸素運動」。日常的に有酸素運動を取り入れる。
三つ目は「適度な飲酒・禁煙」。適度な飲酒と禁煙を行う。

加齢臭にお悩みの方やそのご家族などで加齢臭の予防に興味のある方は是非お試しください。またこの3つの習慣は加齢臭の予防だけではなく、健康な体作りにも役立ちますので是非取り入れてみて下さい。

photo credit: That vacant look. (license)



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!