ジアセチルとは

ジアセチルとはミドル脂臭の原因物質です。マンダムによりミドル脂臭の原因成分として2013年に発表された、まだ発表から数年しか経っていない新しい物質なのです。ちなみにジアセチルって聞いた事がありますか?またはミドル脂臭は聞いた事がありますか?まだ新しい物質のため、ジアセチルをはじめて聞いた方も少なくないかもしれません。そこで、このページではミドル脂臭の原因物質であるジアセチルについてわかりやすく解説していきます。

ジアセチルの特徴

ジアセチルは、皮膚常在細菌(表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌)がエクリン汗腺から出る汗に含まれる乳酸を代謝することで発生します。

ニオイの特徴として、よく比較例として用いられるのが加齢臭の原因物質であるノネナールなのですが、ノネナールに比べて100倍程度ニオイが広がりやすいそうです。

特に女性には不快なニオイと感じられるようで、よく例えられるニオイとして、「バターのような、チーズのような、油のような」などと表現されています。

発生時期は30代~40代がもっともニオイが強く、50代になると減少していきます。また20代でも30~40代に比較すると少量ですが、ジアセチルは発生します。

発生する場所は、後頭部付近、首の後ろがもっとも多く、前頭部、側頭部からも発生します。ちなにみ耳の裏からの発生は少ないそうです。

一番ニオイを発生する場所が、鼻と正反対の場所のため、自分では分かりづらいとされています。

私的な意見ですが、発生場所どうこうよりも自分のニオイに鈍感なため、自分では気付かない気がします・・・。(ちなみは私自身ではまったく認識できていなかったニオイを身内から指摘された経験があります。)

また枕が臭くなる一因と言えるのがジアセチルです。枕がくさいと感じたら要注意と言えます。

ジアセチルの対策

ミドル脂臭対策でも説明しましたが、根本的に重要なことは食生活の改善など生活習慣を見直す事が一番の対策です。

しかし、この対策には時間を要するというの欠点があります。実際は即効性のある対策を実行したい方が大多数だと思います。ではどうすればいいのか? それは体を清潔に保つ事です。

毎日入浴し、しっかり体を洗うことが一番の近道と言えるかもしれません。ジアセチルが発生する場所(後頭部付近、首の後ろなど)は特定されています。この部分をしっかりと洗い、きれいにすることでかなりの効果を見込めます。

そして、中長期的に生活習慣を見直すという対策を併用することで、更なる効果を得る事が可能となります。興味ある方は「脱・ジアセチル」に挑戦してみては如何でしょうか。

photo credit :Brandon



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!