シックハウス症候群

シックハウスとは直訳すると「病気の家」と言う意味で、家屋の影響で様々な病気や健康被害、アレルギーが発生する症状の総称です。 新築やリフォームをした家屋に入居した人々が、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がす … 続きを読む

パラジクロロベンゼン

パラジクロロベンゼンは虫やカビ避けの防虫剤、トイレやゴミ容器用の消臭剤などに含まれている化学物質です。 室内などでの濃度が高濃度になると、目眩や頭痛、肝臓障害などを引き起こす可能性を指摘されています。 シックハウス症候群 … 続きを読む

モノアミン酸化酵素阻害薬

モノアミン酸化酵素阻害薬は抗パーキンソン薬の一種で、脳内のドーパミンなどの物質に作用して、増やす作用をする薬剤の総称です。 MAO阻害剤(MAOI)とも呼ばれています。 以前は、うつ病の治療薬(抗うつ剤)としても使用され … 続きを読む

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは、接着剤、塗料、防腐剤などの成分として、住宅建材に多く用いられてきました。 しかし、最近になってホルムアルデヒドが『シックハウス症候群』の原因物質の一つである事が分かってきたため、国土交通省では、シック … 続きを読む

フェノブカルブ

フェノブカルブは、主に農薬や殺虫剤・害虫駆除目的で使用されます。 住宅では防蟻剤として塗布されることがあります。 シックハウス症候群の原因物質となる可能性が指摘されています。 厚生労働省が定める室内のフェノブカルブの濃度 … 続きを読む

エチルベンゼン

エチルベンゼンは内装材料の施工用接着剤や塗料などの溶剤や希釈剤、防腐剤として主に用いられている。 厚生労働省の室内濃度指針値は0.88ppm以下。 身体への影響としては、皮膚障害や粘膜障害、さらに高濃度では麻酔作用がある … 続きを読む

ダイアジノン

ダイアジノンは、主に殺虫剤の有効成分として用いられています。 無色の常温ではやや粘ちょう性の液体です。 健康影響としては、軽度の中毒症状として頭痛、めまい、倦怠感、吐き気などを催します。重症の場合はけいれんや神経障害を起 … 続きを読む

デキストロメトルファン

デキストロメトルファンは非麻薬性鎮咳薬の一種で、咳止め薬に利用されます。 デキストロメトルファンとSSRI(抗うつ剤)を組み合わせて使用することにより、セロトニン症候群を引き起こすとされています。 photo credi … 続きを読む

フタル酸ジ-n-ブチル

フタル酸ジ-n-ブチルはペンキなどの塗料や接着剤等の可塑剤として主に使用される物質です。 シックハウス症候群の原因物質となる可能性が指摘されており、厚生労働省では濃度指針を定めています。 厚生労働省の室内濃度指針値は0. … 続きを読む

クロルピリホス

クロルピリホスは、シックハウス症候群の原因となる化学物質の一つであるとされています。 もともとは白アリ駆除などに使用される有機リン系殺虫剤として広く使われてきました。 常温では無色または白色の結晶。 住宅の土台や柱などの … 続きを読む