モノアミン酸化酵素阻害薬

モノアミン酸化酵素阻害薬は抗パーキンソン薬の一種で、脳内のドーパミンなどの物質に作用して、増やす作用をする薬剤の総称です。
MAO阻害剤(MAOI)とも呼ばれています。
以前は、うつ病の治療薬(抗うつ剤)としても使用されていましたが、現在は副作用の問題から、うつ病の治療に使われることは少なくなりました。

author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!