SSRI

SSRIはうつ病治療薬の一種。
シナプスにおけるセロトニンの再吸収に作用することでうつ症状の改善を目指す薬。
旧来の三環系などと呼ばれる抗うつ薬は作用や副作用が強く、扱いにくかったことから、肝毒性・心毒性などの副作用を少なく・より選択的に作用することを目的として開発された。
SSRIの中にはパロキセチンのように強力な向精神作用や依存性副作用を持つものもあり、使用に注意を要するものがある。
また、SSRIには食欲不振や体重増加、性欲異常などの副作用が比較的多くみられる。特にセロトニンの再吸収阻害作用が強くなるにしたがって性機能副作用は増加する。
(薬力価、服用量に比例する)抗うつ薬「スタビライザー」の中ではSSRIは取扱が楽であるが、躁うつ病には厳禁である。

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!