「睡眠障害」タグの記事一覧

トリプトファンとは

トリプトファン

トリプトファンはセロトニンやメラトニンと言った物質の材料となり、体内でそれらの物質に合成されます。トリプトファンが不足すると、不眠症などの睡眠障害を起こしたり、うつ病を起こしたりする可能性があります。 トリプトファンは必・・・

睡眠の個人差

睡眠

ヒトの睡眠時間はひとりひとりで違っています。かのナポレオンは「一日3時間しか寝なかった」という逸話がある一方で、天才物理学者アインシュタインは一日10時間睡眠を取ったと言われています。睡眠時間は健康状態や環境、年齢、その・・・

睡眠とは

睡眠

人の一生のおよそ1/3もの時間を占める睡眠について、私たちはよく知りません。それどころか、『睡眠は無駄な時間』とか『寝ている時間がもったいない』などと考える人も多く、軽視されがちです。本当に睡眠は必要ないのでしょうか?こ・・・

セロトニン不足の原因と症状、解消法

セロトニン

セロトニンが不足することで、気分の落ち込みや無気力などの症状や不眠症状、うつ病等の精神疾病など、様々な悪影響が現れる可能性があります。セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで「三大神経伝達物質」と呼ばれており、・・・

睡眠相後退症候群(DSPS)とは

睡眠障害

睡眠相後退症候群とは、睡眠の時間帯や睡眠リズムに関する睡眠障害(概日リズム睡眠障害)の一種で、夜寝る時間と朝起きる時間が通常の人よりも遅く固定された「遅寝遅起」の症状を示します。この病気の症状を端的に表すと、「慢性的な一・・・

アドレナリンとストレス

ストレス ホルモン

アドレナリンはストレスに反応して分泌されます。本来、生物にとってのストレスとは、飢餓や外敵からの脅威など、生命の危機に関わるものが多く、アドレナリンの本来の働きも、生命の危機に瀕した際に、なんとか生き残るために分泌される・・・

長時間の昼寝には危険性も

昼寝

ストレス解消や疲労回復など、優れた効果がある昼寝ですが、間違ったやり方をすると、疾病リスクの増加、肥満、頭痛の発生、睡眠の質の低下など、体に悪影響を及ぼすこともあります。昼寝の悪影響や危険性の増加は、特に30分以上の長時・・・

ドーパミンを増やす方法

ドーパミン

嫌いな勉強やつらい運動などを快感へと変えるドーパミン。物事のモチベーション、いわゆるやる気スイッチであるドーパミンは、どうしたら増えるでしょうか。ドーパミンの増やし方をいくつかご紹介します。 ドーパミンを増やす方法 食事・・・

ドーパミンが不足すると

ドーパミン

ドーパミンが不足すると、ドーパミンによって保たれてきた、物事への関心や意欲などが薄れやすくなり、何事にも無関心で無気力、鬱っぽい症状が現れやすくなります。特に、現代社会に満ち溢れる『ストレス』はドーパミン不足になる大きな・・・

ページの先頭へ