「アミノ酸」タグの記事一覧

オキシトシンを増やす食べ物と食事の仕方

オキシトシン

オキシトシンは、哺乳類の体内で分泌されるホルモンであるため、食品では豚や牛、羊などの肉に含まれていると考えられます。しかし、サプリメントなどで口からオキシトシンを摂取しても、胃や腸で分解されてしまうため、脳内に届くことは・・・

セロトニンを増やす食べ物

セロトニン

セロトニンは動植物に含まれる物質です。セロトニンを含む食べ物を食べればセロトニンが増やせるのでは、と思ってしまうところですが、セロトニンを含む食べ物を食べても脳のセロトニンは増えません。セロトニンを増やす食べ物についてご・・・

セロトニンを増やすために必要な栄養素

セロトニン

脳内のセロトニンを増やすためには、食事から様々な栄養素を摂取する必要があります。セロトニンの主原料となるトリプトファン以外にも、炭水化物、ビタミンB6、鉄分、マグネシウム、ナイアシンなどが関係します。効率よくセロトニンを・・・

セロトニンと食事

セロトニン

セロトニン不足を防いで、健康な毎日を過ごすには、日常の食事に気を付けることも必要です。食事をすることでセロトニンが効果的に増えやすため『トリプトファン』が必要な理由、その他ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素、食事と腸内・・・

セリンとは

アミノ酸

セリンは、人体を構成するたんぱく質に含まれる主要な20種のアミノ酸のうちの一つです。セリンそれ自体は肌の角質層に広く分布する成分で、肌の保湿性を保つ働きを持ちます。その他にも、睡眠の質や、ストレス、脳の健康にも関係がある・・・

チロシンとは

アミノ酸

チロシンとはアミノ酸の一種で、ドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンの材料となる物質です。 また、細胞の代謝に関わる甲状腺ホルモンや、皮膚を守るメラニン色素の材料になることでも知られています。チロシンは必須アミノ酸で・・・

フェニルアラニンとは

アミノ酸

フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつで、肝臓で作られる『フェニルアラニン水酸化酵素』によってチロシンへと合成されます。さらにチロシンを経て合成されるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンのもととなる物質でもあり、血・・・

グルタミン酸

アミノ酸 神経伝達物質

グルタミン酸(Glu,E)は、アミノ酸の一種で、小麦グルテンの分解物質から発見されて命名されました。 英語ではグルタメートとも呼ばれます。 アミノ酸として広く食品に含まれているほか、体内では神経伝達物質としても作用してお・・・

神経伝達物質

神経伝達物質

神経伝達物質とはニューロン間のシナプスや神経で情報の伝達を行う物質です。神経伝達物質はホルモンとの違いが分かりにくい物質です。神経伝達物質もホルモンも「細胞間伝達物質」であり、似たような役割があるものの神経伝達物質はホル・・・

ページの先頭へ