セリンとは

セリンは、人体を構成するたんぱく質に含まれる主要な20種のアミノ酸のうちの一つです。セリンそれ自体は肌の角質層に広く分布する成分で、肌の保湿性を保つ働きを持ちます。その他にも、睡眠の質や、ストレス、脳の健康にも関係がある … 続きを読む

必須アミノ酸

必須アミノ酸とは、人体を構成するのに必要なアミノ酸のうち、人が体内で生成出来ない種類のアミノ酸のことです。こうした必須アミノ酸は、主に食事などにより体外から栄養素として補給する必要がある物質です。アミノ酸は、体を構成する … 続きを読む

チロシンとは

チロシンとはアミノ酸の一種で、ドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンの材料となる物質です。 また、細胞の代謝に関わる甲状腺ホルモンや、皮膚を守るメラニン色素の材料になることでも知られています。チロシンは必須アミノ酸で … 続きを読む

フェニルアラニンとは

フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつで、肝臓で作られる『フェニルアラニン水酸化酵素』によってチロシンへと合成されます。さらにチロシンを経て合成されるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンのもととなる物質でもあり、血 … 続きを読む

グルタミン酸

グルタミン酸(Glu,E)は、アミノ酸の一種で、小麦グルテンの分解物質から発見されて命名されました。 英語ではグルタメートとも呼ばれます。 アミノ酸として広く食品に含まれているほか、体内では神経伝達物質としても作用してお … 続きを読む

キヌレニン

キヌレニンとは、必須アミノ酸トリプトファンからナイアシンを生成する経路で代謝されるアミノ酸の一種です。 キヌレニンはチック症との関連が指摘されるほか、白内障との関連についても研究が行われてきました。 今回新たに、キヌレニ … 続きを読む