非定型うつ

非定型うつ病とは、「定型ではないうつ病」、つまり一般的なステレオタイプとしてイメージされるうつ病とは違う特徴を持つうつ病のことです。
非定型うつ病の特徴は、過眠、過食、手足の強い疲労感、他人の顔色が気になる、気分の抑揚が激しい、などが挙げられます。

非定型うつの特徴

非定型うつは、特に20~30代の若い世代に多いとされ、特に男性よりも女性に多いとされます。
楽しいことには反応するが、自分に都合の悪いことや嫌なことがあるとすぐに気分が落ち込んだりと、気分の浮き沈みが激しいため、しばしば気分屋や怠け者だと誤解されることもあります。
仕事などでは、精神的な負担の大きなことをしたがらず、出世して責任のあるポストにも就くのを躊躇しがちです。
また、1日のうちで、夕方から夜にかけて突然イライラしたり憂鬱な気分になることがあります。

非定型うつなりやすい性格の特徴

  • 小さいころから『良い子』と言われた
  • 責任感が強い
  • 他人の顔色や評価が気になる
  • 自己主張が出来ない
  • プライドが高く、他人に甘えたり、助けを求めたりできない
  • 他人に弱みを見せたがらない
  • おとなしく、やさしい

定型うつ病と非定型うつ病の対比

非定型うつは定型うつ病と同じように、気分の落ち込みが起こりますが、過眠や過食などの、通常のうつ病とは反対の症状が現れるのが特徴です。
また、気分の落ち込みが起こりやすい時間帯なども異なります。

非定型うつ病定型うつ病
気分の抑揚 楽しいことには反応し、嫌なことがあれば落ち込む。 無反応、無関心、常に抑うつ傾向
抑うつ気分あり強く出る、希死念慮
睡眠傾向過眠傾向、昼夜逆転傾向、朝弱い不眠傾向、中途覚醒や入眠障害が多い
食欲過食傾向、体重が増加しやすい拒食傾向、体重が減少しやすい
疲労感手足の強い疲労感を感じる全身の倦怠感
気分の日内変動夕方から夜にかけて悪くなる事が多い。朝方から午前中に調子が悪いことが多い

photo credit :Bastian Greshake



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!