うつ病の予防

うつ病は治療が難しい病気です。
一度うつ病にかかってしまうと、長期間の治療や休養が必要となり、生活に大きな影響が出てしまいます。
だからこそ、うつ病にならないように予防が大切なのです。

うつ病は予防が重要

うつ病は主に体の内面に変調を来たす病気で自分自身も周囲も認識しにくいため、早期発見が難しく重篤化しやすい病気です。
また、うつ病の原因自体も特定されておらず、治療法も確立されていないため、一度うつ病になると、完治するには長期間の治療を必要とするケースが多い病気です。

治療が難しいのであればこそ、予防の重要性が増してきます。

セロトニンを鍛えてうつ病を予防

うつ病の原因自体は特定されていませんが、その症状の多くには、何らかのストレスと、それによる脳内のセロトニンの鈍化が深く関わっているのではないかと考えられています。
セロトニンの働きが衰えると、意欲や活力が減退して、うつ病の症状が現れると考えられています。

日ごろからセロトニンを鍛えれば、うつ病は予防できるかもしれません。

当サイトでは、うつ病の予防法として、セロトニンを増やす方法をご紹介しています。

→詳しくは >>『セロトニンを増やす』へ


★次のページでは『うつ病とセロトニン』をご紹介します。



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!