わきが

わきが(腋臭症)とは、わきの下から臭う、特有の汗臭のことです。
運動などにかく汗の臭いとは異なり、独特で強い臭いを発することがあるため、人にしばしば不快感を与えるものとされています。

わきがの正体は、わきの下の汗腺の一つであるアポクリン腺から発せられる物質が、細菌により分解された際に発せられる臭いで、アポクリン腺の数が多いほど、わきが体質であると言われています。

わきがと文化―

わきがは日本の社会の中では敬遠される傾向にあります。
これは、日本人の中にわきが体質の人が少数派であることと、日本人は習慣として毎日風呂に入る傾向にあるため、
わきがの臭いがする人=不潔である
と考える人が多いためであると言われています。

一方、欧米ではわきがはそれほど問題とされることは無く、 日本のようにわきがを気にする人も少ないと言われています。

このような違いは、文化的な側面以外に、人種上の性質が違う点が大きく寄与しています。
モンゴロイドである日本人は、わきが体質の人は少数派で、コーカソイド(白人)やネグロイド(黒人)の社会ではわきが体質の人が多数派なためです。

わきがの治療―

体臭に敏感な日本において、わきがは社会生活上、問題視されることもあり、また本人の精神的な負担を強いられることがあるため、さまざまな治療技術が発展しています。

わきがの原因は大きく分けて二つ、『アポクリン腺』と『細菌』です。
わきが治療はアポクリン腺の除去、汗の分泌の抑制、細菌発生の抑制などの形で行われます。

アポクリン腺の除去手術
・剪除法…アポクリン腺を切り取る手法
・吸引法…アポクリン腺を吸い出す手法。
・切除法…わきの皮膚を大きく切り取る手法。正常に発汗出来なくなる場合があり、運動障害などが懸念される。
※これらの手術は、健康保険の適用が可能です。(診療医院により異なる。)
発汗の抑制/殺菌
・ボトックス注射…発汗を抑制し、4~6カ月間の持続が期待される。
・抑汗剤…殺菌作用のある抑汗剤を使用することで、一時的に臭いの発生を防ぐもの。
・アルコール消毒…エタノールなどのアルコール類でわきの下の殺菌を行うもの。
・脇毛の処理…脇毛を剃る、切るなどして処理することで、わきの下にわきがの原因物質が保持されることを軽減する作用がある。

アポクリン腺の除去手術は美容外科手術の中でも珍しく、健康保険が適用可能な手術ですが、それでも手術費は高額です。
また、診療するクリニックによっては保険適用しない場合もあります。



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!