汗腺

汗腺(かんせん)とは、皮膚にある汗を分泌する外分泌器官のことを言います。
人は汗をかくことで体温調節と老廃物の排出を行っています。

汗腺は人の体が代謝するために重要な機能であると同時に、『臭いの原因』にもなる厄介な存在です。

汗腺の種類―

エクリン腺(小汗腺)
エクリン腺(は全身のいたるところに存在する汗腺で、主に体温調節を目的に汗を分泌します。
人間の出す汗はほとんどがエクリン腺からの汗(エクリン汗)です。
エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残りは塩分やアンモニアなどが含まれています。エクリン汗は臭い自体は非常に薄く、『ワキガ』の原因となるものではありませんが、汗をかいて放置しておくと、雑菌などが繁殖して、いわゆる『汗くささ』の基になります。
アポクリン腺(大汗腺)
アポクリン腺とは、細胞が代謝物を外へ輩出するために皮膚に存在する汗腺の一つで、『大汗腺』とも呼ばれ、わきの下などに集中しています。
アポクリン腺から分泌物(たんぱく質、糖質、脂肪酸、鉄分、尿素、アンモニアなどの成分)が排出される際、皮膚上の細菌などの作用により臭いを発して、この臭いが強いと、ワキガとされます。

汗腺トレーニング―

人間の全身にある汗腺はおよそ200万個~500万個と言われていますが、そのうちの大部分が休眠状態であると言われています。
休眠状態の汗腺が増えると、一つ一つの汗腺から出る汗の成分が濃くなり、『臭う汗』になりやすくなると言われています。

現代人は真夏でも涼しいクーラーに当たって生活することが多いため、人の体が本来持っている汗腺の機能が衰えてしまうこと多いのです。
また、食の欧米化により、肉や脂っこい食事が増えたことから、汗の成分にも脂分が増え、臭う汗をかきやすい体質になってきています。

日本人は臭いに非常にデリケートな人種で、汗をかくこと、また汗のにおいを嫌う人が多いため、周囲に不快感を与えないように少しでも心がけたいものです。

衰えた汗腺の機能は生活習慣を改めること、運動すること、風呂に入ることなどである程度改善することができるそうです。

★汗腺の機能を改善するために
・肉食中心の食事から和食(魚、豆、野菜など)中心の食事に変えていく
・適度な運動をする
・エアコンに頼った生活をしない
・きちんと入浴して、汗腺を刺激する


author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!