セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、主治医以外の医師に意見を求めることを言います。
美容整形手術のように、医療行為は総じて専門的で、一般の人にはわからないことばかりです。
医師の言っていることが本当にベストの治療方針なのか、患者には判断できないこともあります。
そうした時、第三者に意見を聞くことで、最適な治療方法を患者が選択することが出来るようになります。

多くの美容外科手術の場合、クリニックでは手術契約の前に担当医師(または専門スタッフ)が患者へカウンセリングを行い、その際に手術方法や費用、リスクや副作用、術後の経過等についての説明を行います。
説明内容を十分理解し、納得できた場合は良いのですが、そうでない場合は、即決せず、別のクリニックにも相談しましょう。
クリニックによっては、セカンドオピニオンを希望すれば紹介状を出してくれるクリニックもあり、より詳しく手術内容などを比較・検討することが出来る場合があります。

術後のセカンドオピニオン―

美容整形手術を受けて、「術後の経過が思わしくない」「術前の説明と違う症状が現れた」「満足の行く結果になっていないように思う」、という時、どうしても不安な場合や、どう考えてもおかしい場合は、別のクリニックにセカンドオピニオンを求めてみるのもひとつの手段です。
ただし、基本的には、手術を受けたクリニックの担当医に出来る限りの説明を求め、それでもどうしても問題が解決しない場合などにしましょう。 何故なら、基本的には手術前にご自身がその医師を信頼し、納得したからこそ手術を行うことが前提ですので、術後もその医師を信頼することが必要です。

術後の経過が思わしくなく、初めから失敗を疑ってしまうような場合、おそらく手術前のインフォームド・コンセントが十分に行われていない場合が多いと思われます。
プチ整形など、極簡単と言われる美容整形手術であっても、医療行為であることに代わりはなく、必ずリスクや副作用などが少なからず存在します。
安易に手術を受けず、医師とのカウンセリングを通じて、十分に手術内容を理解し、納得した上で手術を受けるようにしましょう。
また、術後のトラブルが起きぬよう、不安があれば手術前に別のクリニックなどにセカンドオピニオンを求めるようにしましょう。

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!