形成外科

形成外科とは、病気や怪我による、体の異常や変形を治したり、失った部位や機能、体の一部を新たに作ることなどを専門的に治療する外科医療です。

形成外科では見た目や機能的に異常のある部位を手術や移植を行うことで正常な状態に近づける事が治療目的となっています。

形成外科での治療例―

◆外傷
切り傷、擦り傷、刺し傷、かみ傷、熱傷(やけど)などの治療。傷の状態などにより適切な治療を施します。
◆顔の怪我
顔面骨折、軟部組織の損傷などの治療。顔面は人体で最も目立つ場所で、神経なども集中している部位なので、形成外科の専門性が治療に生かされます。
◆手足の先天異常・外傷
合指症、多指症などの治療。主に幼少期に手術を施します。
◆あざ、ほくろ、血管腫などの治療
治療には切除手術、レーザー治療などが用いられます。
◆乳房再建
乳がん治療などで失った乳房を復元する治療です。
◆ケロイドの治療
飲み薬や塗薬を使用した治療のほか、注射、レーザーなどを用いて治療します。重度であったり目立つ場所にある場合は手術をする場合もあります。

形成外科と美容外科の違い―

形成外科は上に挙げたような人体に生じた様々な異常に対する治療・回復が主とした診療内容です。
健康な人が美容を目的、あるいは自身の悩みを解消する手段として手術を受ける場合は美容外科と言うことになります。 二重まぶたの手術や豊胸手術などが世間一般で言うところの美容整形です。

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!