フェイス ミニリフト

ミニリフト』とはフェイスリフトの中でも傷口が小さく、いわゆるダウンタイムが短く、比較的手軽にしわやたるみを取って若返り効果が期待できる手術です。

ミニリフトは耳の前の軟骨(もみあげの後ろあたり)に沿って切開し、SMASと呼ばれる組織(表在性筋膜)を後ろに引っ張ってしわとたるみを伸ばす手法で、手術の傷跡は髪の毛に隠すことができる、手術後の腫れも比較的少ないことから、周囲に気づかれる心配も少なく、人気のアンチエイジング手術です。(クリニックによって手術方法が異なりますので、ご注意ください。)

一般的には5歳~10歳程度見た目を若く見せる効果が期待されるもので(個人差があります。効果を保証するものではありません。)、手術は通常局所麻酔で行われ、手術時間は1時間程度、日帰り手術も可能で入院の必要も無く、シャワーや洗顔も当日から可能です。
術後1週間程度で抜糸をすることが多く、抜糸後傷跡はなじんで目立たない状態になると言われています。

フェイスリフトの手術方法は様々で、人によって最適な手術方法も異なります。
事前にクリニックによく相談するなど、ゆっくりと検討してから手術を決断しましょう。

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!