目の二重まぶた手術』は美容整形手術の中でも、最もポピュラーな手術であると言えます。
目もとの印象で人の見た目は大きく変わり、二重まぶたの手術をすることで、目を大きく、明るい印象にすることが期待できます。
二重まぶた手術から美容整形を始める人も多いようです。

埋没法とは二重まぶたの手術の中でも、メスを使わない手術で、いわゆる『プチ整形』の部類に入ります。
手術時の痛みや述語の腫れが比較的少なく、手術自体も短時間(両目で10分程度)、入院も不要、と非常に手軽に受けれる手術です。
反面、簡易的な手術のため、人によってはライン消失(元に戻ってしまうこと)を起こす可能性も高いようです。

手術は特殊な細い糸でまぶたの裏側から二重を作りたいラインに沿って留める程度、局所麻酔により術中の痛みも少ないと言われています。
埋没法の中でも『SMK法』は、糸の留め方が改良され、従来よりもライン消失(元に戻ること)確率を大幅に下げるとされる手法です。
一般的に、手術当日からシャワーや洗顔が可能です。

埋没法は手軽に受けられる美容整形手術と言うことで、人気が高い手術ですが、 安易に手術を受けると思い通りの手術結果にならずに、トラブルになることもあります。また、非常に安全な手術であるとも言われてはいるものの、人によっては術後に腫れが中々引かなかったり、糸が切れてしまったり、しこりが残ったり、 糸と眼球が当たって眼が傷ついて視力が落ちたり、と言った後遺症が起こる場合もあるそうです。
手術によって起こり得るリスクや後遺症については、十分に医師に問い合わせを行い、しっかりとした説明を受けて、納得した上で手術を受けることを検討しましょう。

二重まぶたの手術方法は様々で、人によって最適な手術方法も異なります。
埋没法以外にも切開法と言う手術方法があります。
事前にクリニックに手術方法をよく相談するなど、ゆっくりと検討してから手術を決断しましょう。