カニューレはパイプ状の医療器具で、美容外科手術では主に脂肪吸引に使用されます。
カニューレの種類は多様で、太さは数1.5mm程度の極細のものから4mm程度のものまで、美容外科手術で使用されるカニューレも大きさや形状、使用方法などがクリニックによって異なることが多いようです。
傷口を目立たせ無いようにするため先端部が細く、また、周囲の血管や神経を傷つけないように丸まっているものが主流です。
カニューレの先端部には吸引口がついており、そこから脂肪が吸引される仕組みになっています。

カニューレの太さと脂肪吸引手術の時間―

脂肪吸引を行う際に皮膚を切開して、そこからカニューレを挿入します。
より太いカニューレを使用したほうが、脂肪吸引の時間は短くすることが出来ますが、大雑把になりがちで、出血も多くなる傾向があります。
より細いカニューレを使用すると、吸引操作に手間がかかるため、時間が長くなりますが、より繊細で出血が少ない脂肪吸引をすることが出来ます。