あざ

あざとは、皮膚や皮下組織の色素異常や無い出血のより、皮膚に現れる変色のことで、後天性のもの、先天性のものに分類されます。
あざの治療は多くの場合は形成外科・皮膚科の分野となります。 美容目的の場合でも取り扱っている美容外科クリニックがあります。

代表的なあざの種類―

黒あざ(色素細胞母斑)
母斑細胞母斑(ほくろ、中等大母斑細胞母斑、巨大母斑細胞母斑)、黒色表皮腫
茶あざ
そばかす(雀卵斑)、扁平母斑、ベッカー母斑(遅発性扁平母斑)、色素性じんま疹
青あざ
蒙古斑、青色母斑、大田母斑
赤あざ
単純性血管腫、正中部母斑(サーモンパッチ、ウンナ母斑)、イチゴ状血管腫、海綿状血管腫、若年性黒色腫

あざの治療―

多くの場合、レーザー治療が行われます。レーザー治療が出来ない場合、切開手術を検討します。
完治するまでに長期間を要することが多いです。
あざの治療には健康保険が適用可能な場合がありますので、事前に担当医に相談してみましょう。

authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!