アポクリン腺

アポクリン腺とは、細胞が代謝物を外へ輩出するために皮膚に存在する汗腺の一つで、人間の体では『大汗腺』とも呼ばれます。
アポクリン腺はワキの下に集中しており、その他に乳腺、耳の裏側、肛門近辺などにも存在します。
人間以外の哺乳類では、アポクリン腺からの分泌物がフェロモンとしての作用を果たす動物が多く存在します。

アポクリン腺から分泌物(たんぱく質、糖質、脂肪酸、鉄分、尿素、アンモニアなどの成分)が排出される際、皮膚上の細菌などの作用により臭いを発して、この臭いが強いと、ワキガとされます。

アポクリン腺とワキガ

アポクリン腺から分泌された物質が皮膚に存在する細菌により分解されてワキガの臭いの原因となります。
(分泌物自体が臭いを発するわけではありません。)
アポクリン腺の数が多いほどワキガになりやすいとされています。 アポクリン腺の数は女性よりも男性、日本人よりも欧米人に多いとされています。 欧米人に体臭の強い人が多い傾向にあるのはこのためです。

アポクリン腺の除去

ワキガの原因となるアポクリン腺は、手術で除去することが可能です。
アポクリン腺の除去手術では、ワキの下を切開し、アポクリン腺を除去していきます。
ただし、アポクリン腺を全て除去すると正常に発汗することが出来なくなることがあるため、一部を残して除去します。
つまり、厳密にはアポクリン腺除去によりワキガを根治させるというよりは、症状を(大幅に)軽減することを主目的とします。

アポクリン腺とエクリン腺(ワキガと多汗症)

エクリン腺は人体のほぼ全身にある体温調節をするための汗腺で、人間の汗はこのエクリン腺から排出されます。
アポクリン腺から排出される汗を『アポクリン汗』、エクリン腺から排出される汗を『エクリン汗』として区別されます。

エクリン腺の数が多いと、多汗症と言われる症状を発生することがありますが、 エクリン汗の成分はほとんどが水で、その他の成分はごく微量なため、それ自体は強い臭いなどを発することないため、『多汗症=ワキガ』ではありません。
ただしエクリン汗も放置しておくと、体臭の原因となります。



author :

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!