アンチエイジングとは、いわゆる『老化』によるしわしみ防ぐこと、遅らせることなどを指します。
抗老化とも言われ、これらアンチエイジングの研究は『抗老化医学』と呼ばれています。

老化と酸化―

人の体は年齢を重ねるごとに少しずつ「酸化」していきます。人は口や皮膚で呼吸をし、酸素を取り込んでいます。 この酸素が体内で活性酸素と言う酸化作用のある物質となり、細胞を酸化させ、破壊してしまうのです。呼吸以外でも、喫煙や紫外線、食品に含まれる添加物など、様々なものから活性酸素は発生しており、私たちは常にこの活性酸素を体内に取り込んでしまっているのです。

細胞の酸化が進むと、肌のしわやしみ、抜け毛などが徐々に進行します。

老化とホルモンの減少―

人が若さを維持するには、内分泌ホルモンと言われるさまざまなホルモンが必要不可欠です。
ホルモンの分泌は20歳を境目にして徐々に減少していきます。それに加えて生活習慣や食習慣などにより分泌量に影響が生じます。

美容とアンチエイジング―

美容整形におけるアンチエイジングはしわ、しみ、くすみ、美肌、美白、そばかすなどの老化現象を改善する効果が期待される各種治療を施すことにより、老化現象に関する悩みを解消することを目指したものです。
アンチエイジングの治療は、メスを使用しない注射治療で、日帰りで手術が主流になってきています。

主なアンチエイジング治療―

ヒアルロン酸注射
ヒアルロン酸を施術部位に注入する治療法。メスを使わず、短時間で施術が完了する『プチ整形』に分類されます。
ボトックス注射
筋肉が収縮する額、目尻、眉間などにボトックスを注入することで、筋肉の働きを抑制し、表情しわを無くす治療法です。
プラセンタ治療
プラセンタとは胎盤のことを指し、胎盤より抽出した有効成分を利用した治療法のことをプラセンタ治療と言います。施術部位にこのプラセンタを注射することで、様々なアンチエイジング効果が期待出来ます。