美容整形とは

美容整形は外科学に分類される医療で、正式には『美容外科』と言い、その手術を美容外科手術と言います。
一般的には『美容整形』と言う言葉が使われていますが、あくまでも俗称です。
また、整形外科や形成外科と美容外科は異なる性質の外科手術です。

美容外科は医学の歴史の中では比較的最近確立された分野で、標榜科目として認可されるようになったのは1978年です。
単に火傷や外傷などの身体的欠損を治療する目的の外科手術と異なり、主に『美感』を追求するために行われる医療行為です。
経済が成熟した日本国内では、多くの人々に生活的な余裕が生まれた事により、美容整形手術が脚光を浴びるようになり、保険外診療で手術費の収益性が良いことから、医学会からも注目を浴びています。

毎日のようにテレビや情報誌で、当たり前のように取り上げられるようになった『美容整形』。
美に特別敏感な人でなくても、美容整形へ興味を持っている人は多いのではないでしょうか。
近年の急速な医学の発展により、美容整形の技術も革新され続け、一昔前よりも、より身近な存在になったと言えます。

とは言え、体にメスを入れることには大きな抵抗を感じる人もまだまだ多く、また、『手術を受けた事を人に知られたくない』と考える人が多い美容整形の性質上、手術したクリニックと被験者との間のトラブルも絶えません。

より安全に、より美しく、より希望通りの手術が行えるように、美容整形の本質を理解する必要があります。

美容整形の安全性―

基本的には、十分経験を持った、資格を持つ専門医が正しい技術で正しい準備期間を経て手術をする場合は、十分『安全である』と言えます。

ただし、経験の浅い未熟な医師が手術を行う場合や、正式な医師資格を持たない、いわゆる闇医者のようなところで手術を受ければ、トラブルや事故に合うリスクが増しますので、ご注意ください。
値段や手軽さだけで手術を受けると取り返しのつかないことになる場合があります。

健康保険の適用―

美容整形手術は健康な人に対して美容目的で手術をする手術なので、 多くの場合、手術は健康保険の適用外で全額負担となります。
(わきがや母斑、血管腫などの一部の手術は保険適用が認められています。)

美容外科と形成外科の違い―

形成外科では人体に生じた異常に対する治療・回復が主とした診療内容です。
例えば火傷など外傷の治療、事故や病気で失った耳や乳房の再建、あざなどです。
このように健康上やむを得ず行うのが形成外科の治療です。

健康な人が美容を目的、あるいは自身の悩みを解消する手段として手術を受ける場合は美容外科と言うことになります。
二重まぶたの手術や豊胸手術などが世間一般で言うところの美容整形です。

美容整形手術のリスク―

美容整形手術は外科手術です。
医学が発達し、手術医の力量がどれだけ向上しても、リスクが全くない、と言う手術は残念ながらあり得ません。
手術を受ける前に、その手術にどのようなリスクが存在するのかを把握・理解した上で手術を受けるべきです。

現代の医療現場には、インフォームドコンセントを徹底する努力義務が法律で課せられており(医療法により)、
(1). 医療従事者による事前の十分な説明
(2).患者側の理解、納得、合意
と言う二つの柱で、患者が手術の内容やリスク、予後に対する十分な理解をした上で、医療行為に臨むことが適当であるとされています。
患者側としても、『全てお任せします』と言う姿勢ではなく、疑問に思ったことは納得がいくまで確認したうえで、手術に合意をする姿勢が必要とされているのです。

美容整形手術の成功と失敗―

美容整形を行う場合、手術が成功なのか失敗なのかは、手術を受けた本人の主観に大きく左右されます。
医学手術的には成功であっても、本人が満足できなければ失敗、と思ってしまうことも多く、満足いく手術結果を得るためには、手術前に徹底的した問診やシミュレーションを行うことが重要です。
また、ひとたびメスを入れてしまうと、元通りにすることが難しいのが美容整形手術ですが、最近では『プチ整形』と呼ばれる、いわゆるメスを使わない簡易的な美容整形も一般化してきたので、初めはプチ整形から美容整形の道へ入る方も多いようです。
プチ整形の場合は、一定期間の経過とともに元通りになるのが一般的です。

★詳しくは⇒『プチ整形とは?』

美容整形依存症―

人の美への欲望には限りが無く、ひとたび美容整形を受けると、体の色々な部位が気になって仕方なくなり、美容整形手術を繰り返してしまう人がいます。
美容整形依存症は、金銭的な負担はもちろん、当人の心身を脅かし、非常に危険な状態です。
芸能人などでも、原型がわからないほど整形を繰り返していると思われる人も多く、また、手術自体には少なからず危険が伴うので、テレビで話題になった韓国の『扇風機おばさん』のような結果が待っている場合もあります。

容姿を変えることで、性格や内面までも輝かせることができる場合がある半面、こうした依存症のような危険があることも理解した上で、手術の検討をしてください。



authored by

★参考になったと思ったら是非ソーシャルメディアでシェアしてください!